NEW俳画-top

 

自画自賛ーその1


NEW俳画・自画自賛について

この十数年間、筆やペンで走り書きした草画と俳句を、破棄と整理を同時にしながら「俳画ってな〜に」と、考えています。

 俳画/父の背に秋の陽ぬくし車椅子

矢上 2001年9月とあります。14年も前のスケッチ俳画です。今では私の後ろ姿、晩年の父に生き写しとか。車椅子スタイルまで‥‥‥。






更新日/ 2018年2月27日


日替りNEW俳画/月曜日〜日曜日(シリーズ1)

俳画・自画自賛について 

(シリーズ2)新しい表現の俳画を追求します 。


バツの字を刻みて崩す冷や奴…………1170 尊晴(木曜日の俳画)
※2015-1996=19 19年前の制作?。ついこの間です。


秘密だよ王様の耳ロバの耳…………1242 尊晴(水曜日の俳画)
※ピカソのささやき


赤富士は人喰った後昼寝かな…………1205 尊晴(火曜日の俳画)
※始めから人食い富士を描くつもりはさらさら無く、途中よりそんな気分となる。
ラ・フランセ前から見ても後ろ向き…………1285 尊晴(月曜日の俳画)
※マン・レイにまず挨拶句、左手には後ろ姿の父、真ん中には後ろを向くラ・フランセ、右手にはこれも後ろ向きのKiKi。三者とも後向きの思考。シリマセンでした…?。実に下らない。

犬待たせ懐紙に写す冬入り日…………1147 尊晴(日曜日の俳画)
※散歩の途中ではあるが、夕陽絶景。ティシュにメモスケッチ。


歳時記も画帳も棄てよ今日の空………1316 尊晴(土曜日の俳画)…
※絵の具のよごれを拭き落としたペーパー、それがスタート。句は付けたし。


今朝の酒 借り梅売りか 袈裟の酒……………1262 尊晴(金曜日の俳画)
※けさのさけ かりうめうりか けさのさけ/  俳画と回文(下から読んでも同じ)
※朝からの酒は、あの借りていた梅盆栽を売り払ってかい? 酒が袈裟を着ている様だな。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 

 








 

 








ページのTOPへ
 このページのTOPへ


Copyright 2015/3  50%planning & design All rights reserved.  50%企画・デザイン/小林尊晴  ★お問合せ メール  access